自社で商品を作る必要はあるのか?

収益を得る事と、自社商品を作る事に相関関係はあるのでしょうか?

あなたが芸術肌で、どうしても自社商品をリリースしたければ別であるが、時間、資金、人員には限りがある。
商品開発は、凄く楽しい。

なにせ、自分の好きなような商品を作れるのだから。
しかし世の中には似たような商品はゴマンとあり、代理店も年中あちこちで募集している。
Apple社のようにiPodを考案し、開発するまでどれくらいの人・物・資金が必要だったのだろうか。

また、開発できなかった時に、Appleはどうなっていたのだろうか。
あなたに、その根性とリソースはあるのだろうか?
自社商品の場合、クレームが来ただけでも結構ヘコム。

どうしても自社商品が欲しければ、OEMではダメなのか?
自社商品を開発する時には、今一度問うて欲しい。

「これって、本当に必要?」

事業相談はこちらから
http://www.catalyst-g.com/contact_us.html

■無料相談・事業支援希望・各種お問い合わせはこちらから
困っているなら、今すぐご相談下さい。
悩んでいても、事態は好転しません。
http://www.catalyst-g.com/contact_us.html
※このメールは転送、引用、全て自由です。
僕の考え方が少しでも広まれば、嬉しく思います。
お知り合いの方にも、是非薦めてみて下さい!

ご意見もこちらでお待ちしてます→ info@catalyst-g.com

■編集後記
助成金の問い合わせが多くて驚きでした。
今春にも同じ内容で告知しましたが、3倍程度多く問い合わせを頂きました。
助成金全体でもこの時期の募集は少なく、且つ、金額も大ききかった事からでしょう。
2012年度の春にも同じ内容で募集するようなので、
興味のある方はチェックする事をお勧めします。

通常、サイトの問い合わせフォームからのアクセスしかありませんでしたが、
今回はツイッターからもありました。
「だからツイッターは素晴らしい!」っという事ではなく、
単純に間口が広い事は、接点を増やす機会を増やせるという事なので、
取り組んでみて損はしないというい事。
しかも、ツイッターは無料ですから。
ブログも然りで、まずはやってみる事から始める事をお勧めします。

この記事が気に入ったら、
いいね ! して最新情報を受け取ろう

Twitter で

関連記事

  1. あなたの顧客にもっと連絡を

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。